ようこそ! 「毛穴の汚れ、鼻の黒ずみ、角栓をごっそり取ろう!」へ

ホーム >  毛穴パックでケア  > 陥りやすいパックによるトラブル


陥りやすいパックによるトラブル

おうちで簡単に毛穴の汚れを取り除くことができて人気の毛穴パック。でも使い方を一歩間違えると、逆にお肌を大きく傷めてしまうことに。そんな誤った使用によるトラブルにはどんなケースがあるのでしょう。

毛穴パックは、大きく二つに分けるとシート状の物と洗い流す物の2タイプに分けられます。中でも、シート状の物を貼り付けるタイプの毛穴パックの場合、剥がした後のお肌は毛穴が開いて穴があいたような状態です。これをそのままにしておくと、その毛穴にまた新たな汚れや皮脂が詰まるだけなので、せっかく毛穴のお掃除ができた意味がありません。このタイプの毛穴パックは、使用後のケアがとても肝心です。

毛穴パックのトラブル

化粧水や美容液でお肌を整えて、引き締まったきめ細かいお肌をめざしましょう。毛穴パックによるトラブルには他に、パックに配合されたメンソールによるかぶれというものもあります。清涼感を与えるために、成分にメンソールが含まれている毛穴パックは、お肌の敏感な方にはあまりお勧めできません。毛穴パックを選ぶ時も、ご自分のお肌に合ったものかどうか、成分表示を確かめることが大切です。

こういった例以外でも、毛穴パックは効果が高いだけにお肌にとっても刺激が強く、1回使用しただけでも皮脂を奪われて乾燥したり、角質が傷ついたり、ダメージも相当大きいのです。ですから、できるだけ使用頻度は少なく、週1回ぐらいに抑えるようにしましょう。毛穴パックをしても何も取れてこないようなら、毛穴はきれいな状態といえるでしょう。さもなければ、パックも効かないほど深刻な汚れということになります。

きれいな毛穴にパックをしても肌を傷めるだけですし、パックも効かないほどの汚れなら、もっと他の手立てを講じなければなりません。そのような状態で、何度も毛穴パックを貼ったり剥がしたりすれば、毛穴には何の効果も無いばかりか、大事なお肌の表面をどんどん傷つけるだけになってしまいます。毛穴パックのせいでお肌がトラブルになってしまっては、元も子もありません。