ようこそ! 「毛穴の汚れ、鼻の黒ずみ、角栓をごっそり取ろう!」へ

ホーム >  鼻の角栓ケア  > 出来てしまうのはなぜ?その原因は?


出来てしまうのはなぜ?その原因は?

紫外線も角栓が出来てします原因の1つです鼻の角栓が気になって仕方がない・・・と言う方も多いと思いますが、そもそもなぜ鼻に角栓が出来てしまうのでしょうか?その原因がわかれば、鼻の角栓ケアも出来るような気がしますよね。

そこで今回は、鼻の角栓が出来てしまう原因について、お話しましょう。


まず、元々鼻は皮脂の分泌が多い場所なので、鼻に角栓が出来てしまうのは仕方がないことなんです。その角栓を毎日の洗顔でキレイに取り除くことが出来ていれば、鼻の角栓が目立つようなことはありません。洗顔が十分でなかったり、皮脂の分泌の量が多かったりすると、余計に角栓が出来やすくなってしまいます。


一般的には、角栓は3日もあると出来てしまうとも言われているので、毎日の洗顔がどれだけ大切かがわかりますよね。つまり、鼻に角栓が出来てしまうのはある程度仕方がないことともいえます。ただ、出来るだけ皮脂の過剰分泌が起きないように、食べ物に気をつけたり、正しい洗顔を見に付けると言うのは有効です。


角栓は剥がれ落ちた角質と、皮脂が混ざって硬くなったものの事を言います。角栓が溜まってしまうとどんどん毛穴も広がってしまうので、日頃のケアがとても重要になります。また紫外線も角栓が出来てしまう原因の1つなので、紫外線対策もしっかりと行いましょう。